メモリー倶楽部 ページトップ

葬儀後も残された親族は、行うことが色々あります

  1. トップページ
  2. 葬儀の知識
  3. 葬儀後にすること

葬儀後にすること

カサブランカのイラスト

葬儀を終えた後にも、まだまだ必要なことが残っています。慣れない諸事で疲れもあるでしょうが、完全に終えるまでは気が抜けません。まずは葬儀の直後、世話役の方に事務的な事を確認しておきましょう。

葬儀後初七日を迎えるまでの期間には、挨拶まわりと会葬礼状の送付を行います。挨拶まわりでは、葬儀でお世話になった方や世話役の方、お坊さんなどにお礼をします。葬儀から2~3日たっていれば地味な平服でもかまいませんが、喪服で赴くのが正式とされています。会葬礼状は、弔辞や弔電を頂いたけれど遠方で挨拶ができない方等に向けて送ります。初七日に間に合うように、できるだけ早めに出した方がよいでしょう。

四十九日法要までの期間には、最も大きな作業として香典返しがあります。香典返しは忌明け後にするものですが、忌明け前に品物をあらかじめ選んでおきます。品物の選定には、香典の半額程度が目安とされています。

また、本位牌の用意や忌明け法要の準備も進めておきましょう。法要を行うためにお坊さんに頼み、参加者の人数を把握して会場の手配等を行います。忌明けの後は白木の位牌を返し、仏壇には本位牌を置くことになります。

時期は決まっていませんが、忌明け法要前後には形見分けを行うと良いでしょう。仏壇や墓石、墓地をどうするか等も、よく考えておきたいところです。納骨の形態も近年では多岐にわたり、さまざまな選択肢が検討できるようになっています。

多くの事柄がありますが、思わぬトラブルを回避するためにも、一つひとつ着実に済ませておきたいものです。

首都圏での葬儀・家族葬のご用命はメモリー倶楽部 アートメモリー80株式会社 資料請求・お見積り依頼・ご葬儀の申込み・事前相談など 24時間365日 緊急対応いたします フリーダイヤル:0120-419-476 携帯電話からもつながります