メモリー倶楽部 ページトップ

葬儀後のお浄め塩

  1. トップページ
  2. 参列のマナー
  3. 葬儀の後のお浄め

葬儀の後のお浄め

カサブランカのイラスト

現代人の日常生活からかけ離れているものに対しては、しばしば「どのような意味があるのか?」「無駄ではないか?」と疑問を投げかけられることがありますが、葬儀後の清め塩も今、こうした疑問の対象になっています。

葬儀後の清め塩については、ある仏教系宗派から廃止論が提起されてからにわかに話題にのぼるようになりました。清め塩は神道の伝統的風習ですから、仏教的見地からすれば相容れないところがあるでしょう。また、「死という穢れを清める」ということが、死者を差別しているとも見えるかもしれません。

少し、清め塩の歴史を振り返ってみます。「穢れ」は日本古来の神道固有のもので、物質だけではなく、時間・空間も含めて理想ではない状態にあることを意味します。生者を理想とみるならば死者は理想ではなく、穢れの対象となりました。しかし、それは死がどれほど恐ろしかったかの裏返しなのです。一方、死を穢れの対象にしない仏教は、大陸から渡ってきた別の宗教ですから、死に対する考え方が異なるのは当然のことです。

しかし、なぜ塩なのでしょうか。それは塩が、人間が生きていく上で必要な成分だからです。だからこそ古人は、塩に強い霊力を感じ、かつ、塩の製法に苦心してきました。多くの労働力と時間をかけて作られた白い結晶に「祓い」という強い霊力を感じたのは、ある面で当然のことだとも言えます。

葬儀後の清めの塩にも、こうした歴史や由来があります。死者の穢れを祓うという考えも良いでしょうし、むしろ送り出す生者たちへのエールと、新しい側面から捉えてみるのも、また、面白いのではないでしょうか。

首都圏での葬儀・家族葬のご用命はメモリー倶楽部 アートメモリー80株式会社 資料請求・お見積り依頼・ご葬儀の申込み・事前相談など 24時間365日 緊急対応いたします フリーダイヤル:0120-419-476 携帯電話からもつながります