メモリー倶楽部 ページトップ

香典とは

  1. トップページ
  2. 参列のマナー
  3. 香典について

香典について

カサブランカのイラスト

香典とはそもそも、香を供えるという意味のものです。花に香花を捧げたことに由来するという説や、仏教の六種供養(華・塗香・水・焼香・灯明・飲食)に由来するという説などがあります。

歴史的には、室町時代に武士が金銭を出したことからという話もありますが、平民にとっては食料を持ち寄ったことが始まりではないかとされています。昔は葬式を出すと、近隣の家に食事を振舞わないといけませんでした。これが遺族の大きな負担となるため、みんなで助け合おうと食料を持ち寄って提供したのでしょう。明治から、一般庶民にも金銭的な香典が広まってきたのですが、金銭へと完全に移行したのは戦後だとされています。

香典で迷うのが、上書き(表書き)です。仏教の葬儀の場合、四十九日までは「ご霊前」、そのあとは「ご仏前」になります。ただし、浄土真宗では死後即極楽浄土へ行くという概念から「ご霊前」は存在しません。浄土真宗の葬儀では「ご仏前」とするか、「御香料」など別の上書きを使いましょう。また、曹洞宗などの禅宗では逆に浄土の観念が無いので成仏以前の概念もなく、やはり上書きは「ご仏前」となります。神式でも「ご霊前」は使えます。神式では他に、「御神前」や「御榊料」、「御玉串料」などがあります。キリスト教で一般的なのは「お花料」です。無宗教式の場合は「ご霊前」が無難でしょうが、「志」や「お花代」でも大丈夫です。

仏教だけでも様々な宗派があって迷ってしまいますが、相手の宗派がわからない場合は、自分の宗旨に従って上書きを選択しても構いません。

首都圏での葬儀・家族葬のご用命はメモリー倶楽部 アートメモリー80株式会社 資料請求・お見積り依頼・ご葬儀の申込み・事前相談など 24時間365日 緊急対応いたします フリーダイヤル:0120-419-476 携帯電話からもつながります