メモリー倶楽部 ページトップ

亡くなった時に遺族が最初に行うこと

  1. トップページ
  2. 参列のマナー
  3. 亡くなって最初にすること

亡くなって最初にすること

カサブランカのイラスト

亡くなった当日、まずは医師から死亡診断書を受け取らなくてはなりません。この死亡診断書は後々色々な事に必要ですから、コピーをとっておくと良いでしょう。

病院で亡くなった場合、慌てていても大抵医師や看護師が渡してくれるので心配はいりません。しかし自宅など、病院以外で亡くなった場合には必ず医師に確認してもらい、死亡診断書を受け取れるように段取りをつけなければいけません。死亡診断書が無いと、火葬の許可もおりません。

不幸にも、交通事故など自宅以外で亡くなられた場合には、警察の管轄による監察医のもとで検死にまわされる可能性があります。病院などで亡くなった場合よりも少し、あるいは多大な時間がかかることになるでしょう。

死亡診断書の受け取り後、または同時進行で、亡くなった方の家族、親戚縁者、友人、会社関係等への連絡をします。そして葬儀社を決めて遺体を搬送し、自宅に安置します。

その後、葬儀社と日取りを話し合い、できるだけ告別式などの詳細を決めます。病院などで亡くなられた場合、このあたりまでで当日は過ぎてしまうでしょう。

首都圏での葬儀・家族葬のご用命はメモリー倶楽部 アートメモリー80株式会社 資料請求・お見積り依頼・ご葬儀の申込み・事前相談など 24時間365日 緊急対応いたします フリーダイヤル:0120-419-476 携帯電話からもつながります