メモリー倶楽部 ページトップ

訃報を葬儀後に聞いた場合はどうするか?

  1. トップページ
  2. 参列のマナー
  3. 葬儀後に訃報を聞いた場合

葬儀後に訃報を聞いた場合

カサブランカのイラスト

葬儀が終わった後になって、訃報を知らされることもあります。親交の深かった人、仲の良かった人の訃報を後で聞くと、何故、どうしてといった思いにかられてしまいます。仲が良かっただけに、今生最後に別れを告げたかった、顔をこの目にとどめたかったと思いがあふれ、悔まれて仕方がないこともあるでしょう。

しかし、訃報が伝わってこなかったのは遺族の配慮かもしれませんし、近親者のみの家族葬だけで葬儀を行ったのかもしれません。最後に会えなかったと悔やむよりも、故人を偲びしっかり冥福を祈ってあげましょう。

後で亡くなったことが分かった場合には、事前に電話をかけて弔問したい旨を伝えます。遺族の都合に合わせて、日を設定してもらうと良いでしょう。弔問には必ず香典を持参します。香典と共に、供物や供花を持参しても構いません。故人もきっと喜んでくれるはずです。香典の不祝儀袋には、訪れるのが四十九日以前であれば御霊前と記し、四十九日以後であれば御仏前と記します。

弔問に訪れた際にも、遺族は葬儀の会葬の挨拶回り、墓石や霊園の決定、納骨式の段取りなどで忙しくされていることが予想されます。しっかり冥福を祈ってお悔やみを述べたら、長居せずに失礼しましょう。

遺族に連絡をとっても、弔問を断られる場合もあります。そうした場合は電話できちんとお悔やみを述べ、後日、現金書留郵便で香典を送りましょう。香典をそのまま送るのは失礼に当たります。香典と共に心を込めた丁寧な文字でお手紙を添え、お悔やみを述べるようにすると良いでしょう。

首都圏での葬儀・家族葬のご用命はメモリー倶楽部 アートメモリー80株式会社 資料請求・お見積り依頼・ご葬儀の申込み・事前相談など 24時間365日 緊急対応いたします フリーダイヤル:0120-419-476 携帯電話からもつながります