メモリー倶楽部 ページトップ

ご焼香とは

  1. トップページ
  2. 参列のマナー
  3. ご焼香について

ご焼香について

カサブランカのイラスト

いざお通夜や葬儀が始まると、意外と慌ててしまうのがご焼香です。ご焼香は、仏教において心身を清め、心を落ち着ける意味や、仏様のお食事などの意味を持つものです。お通夜や告別式などでは必ず行われるので、作法をきちんと覚えておきましょう。

最もポピュラーなのは、抹香によるものでしょう。焼香台の少し手前で遺族と僧侶に一礼し、焼香台の前で遺影を仰いで一礼、合掌して焼香をします。タイミングは僧侶や葬儀会社の人が合図してくれますので、それに従いましょう。焼香の際には、まず抹香を軽くつまみ、手のひらを返さないように目の高さまで捧げてから、抹香を香炉の中へ静かに落とします。最後に遺影に合掌し、一礼、向きを変えずに一歩下がって遺族に一礼して戻ります。

お香をくべる回数は、宗派によって違います。真言宗は三回とされ、仏・法・僧の三宝を敬い、内にある三毒、つまり貪り、怒り、迷いの心を清める意味を持っています。他の宗派では、天台宗と日蓮宗は1~3回、臨済宗は1回、曹洞宗は2回、日蓮正宗では3回、浄土宗は特に決まりは無く、浄土真宗本願寺派では額に押し頂かずに1回、真宗大谷派も額に押し頂かずに2回とされています。会葬者の方は自分の宗派のやり方でも良いですが、喪家の場合は家の宗派のやり方に従う必要があります。

ただし、ご焼香で大切なのはお作法ではありません。あくまでも心をこめて合掌し、故人を偲び、ご冥福をお祈りすることが大切なのです。

首都圏での葬儀・家族葬のご用命はメモリー倶楽部 アートメモリー80株式会社 資料請求・お見積り依頼・ご葬儀の申込み・事前相談など 24時間365日 緊急対応いたします フリーダイヤル:0120-419-476 携帯電話からもつながります