メモリー倶楽部 ページトップ

親族として、服装に気を付ける事とは?

  1. トップページ
  2. 参列のマナー
  3. 遺族・親族の服装

遺族・親族の服装

カサブランカのイラスト

遺族や親族としての服装は、お通夜までは普段の服、通夜・葬儀・告別式の場では正式の喪服になります。急に入用になった場合には、貸衣装店や葬儀社に相談してみましょう。現在では、レンタルが用意されている事も多くなりました。

以前は、喪主は着物という考えがありましたが、最近では和装、洋装の半々です。

死への悲しみや追悼の意を表す場であるので、逆の意味となりうる華美な服装はタブーです。女性の場合は肌の露出が大きい服装はもちろん、結婚指輪以外の装飾品や赤い口紅などの華美な化粧等、自分自身を飾る目的の装飾は控えるのが礼儀です。但し、アクセサリー類については、パールのネックレスやイヤリングのいずれかはつけてもよいとされています。

男性の正礼装は、羽織と着物という和装かモーニングコート(但し、通夜ではブラックスーツ)という洋装ですが、現在ではほとんどがブラックスーツです。ブラックスーツなら、ダブルでもシングルでも構いません。ハンドバッグや靴も、布かスエード製の黒といった光を吸収するものを選び、エナメルや光る金具がついているものは控えましょう。

学生の場合は制服が喪服になります。哀悼の意を表す、喪章をつけても良いでしょう。

首都圏での葬儀・家族葬のご用命はメモリー倶楽部 アートメモリー80株式会社 資料請求・お見積り依頼・ご葬儀の申込み・事前相談など 24時間365日 緊急対応いたします フリーダイヤル:0120-419-476 携帯電話からもつながります