メモリー倶楽部 ページトップ

危篤を知らせる手順と報告の順番

  1. トップページ
  2. 参列のマナー
  3. 危篤を知らせる順番

危篤を知らせる順番

カサブランカのイラスト

危篤は、その方と近しい関係であればある程ショックが大きいもの。出来れば迎えたくはないですが、それでも、最善の準備を行うべく行動する必要があります。うろたえるばかりでなく、希望を持ちながらも、もしもの時の心構えと準備をしましょう。

危篤になった場所や状況(病院、自宅、出先、継続的、突発的)にもよりますが、医師からその状態であることを告げられたら、まず家族、次に親族、それから親密につきあいのある人という順で連絡をします。

本人が特に大切にしてる友人などは予めリストアップしておくと、いざという時にもスムーズな連絡が取れて、お互いに悔いのないお別れができます。しかし、危篤状態はあくまでもまだ「予断を許さない」という状況です。知らせるのは本当に親密に交流があった方とし、たとえ親族でも縁遠くなっている人や、あまりつきあいがない人にはまだ連絡をしなくても構いません。

また、連絡を受ける相手の状況を思いやり、例えば、妊娠中や病気、就寝時間や朝の忙しい時間帯などは連絡自体を控えた方が賢明というケースもあります。

首都圏での葬儀・家族葬のご用命はメモリー倶楽部 アートメモリー80株式会社 資料請求・お見積り依頼・ご葬儀の申込み・事前相談など 24時間365日 緊急対応いたします フリーダイヤル:0120-419-476 携帯電話からもつながります