メモリー倶楽部 ページトップ

見積書の内容を確認し、不要なサービスは省く-全て葬儀屋に任せず、見積書を見てみれば費用を抑えられるポイントは多いので、チェックすることが大切です

  1. トップページ
  2. 費用を安く抑えるこつ
  3. 見積書の内容を確認し、不要なサービスは省く

見積書の内容を確認し、不要なサービスは省く

カサブランカのイラスト

葬儀屋に任せてしまえばすべて段取りをしてくれるので楽ですが、無駄なオプションをつけられて法外な値段になってしまったというケースも少なくありません。

葬式の費用は大きく、葬儀本体費用・寺院費用・飲食接待費用の三つに分けられます。全体の費用を抑えるには、それぞれの内訳をよく検討することが効果的です。

葬式本体の費用には、欠かせない品目として棺桶と祭壇、斎場使用料があり、それぞれの費用が妥当かどうかを検討することが大切です。特に棺桶は、最終的に焼かれてしまうもの。必ずしも高級品を選択するメリットは薄いという考え方もあります。

寺院費用には、宗教者に依頼する場合の謝礼金があり、その平均は50万円程と言われています。費用を抑えることを考えた場合、謝礼金の低いお寺に依頼することを検討しても良いでしょう。もしくは無宗教葬にすると、謝礼金自体がかかりません。

飲食接待費用は、会葬者が多ければ多いほどかかるものです。ある程度人数を調整し、会場自体を小規模にすることを検討してみましょう。

高いといわれている葬式費用ですが、内訳を見れば抑えられるポイントはあります。全て葬儀屋に任せず、内容をよくチェックすることが大切なのです。

首都圏での葬儀・家族葬のご用命はメモリー倶楽部 アートメモリー80株式会社 資料請求・お見積り依頼・ご葬儀の申込み・事前相談など 24時間365日 緊急対応いたします フリーダイヤル:0120-419-476 携帯電話からもつながります