ページトップ

生前から本人の意向が反映するためにエンディングノートを活用します。

  1. 葬儀の知識
  2. エンディングノートとは

エンディングノートとは

近年マスコミなどでも話題になっていてよく知られるようになったエンディングノートですが、これは自分にもしものことがあった時のために書き残しておくためのノートです。

たとえば自分が亡くなった時のお葬式をこんな風にしたい、病気になった時の延命措置について、妻や子供などに伝えておきたいメッセージがある・・・といったように様々なことを書き込むことが可能です。具体的なことに対する希望ばかりでなく、今まで生きてきた自分の人生を振り返りつついろいろな思いを書き記しておくためのものです。

その存在が世の中に広く知られるようになってから、エンディングノートの書き方講座のようなものもよく行われるようになりました。高齢化の進む現代、できることはできるうちに準備したいと考える人が少なくないようです。法的な効力を発揮する遺言ほどかしこまらず、もっと自分の思いを率直に付言事項などとともに書き綴ることができるのがエンディングノートの特徴と言えます。

実際に記入項目というのは細かな決まりがあるわけではありません。自分の経歴や思い出、これからの自分のこと、家系図や家訓、家紋の言われ、親戚のこと先祖のこと、家族や親族、親友などに対するメッセージ。体の健康を保つことができなくなった時の医療や介護に関する希望、後見についての希望、自分自身の終の棲家に関する希望、そして最後に葬儀、お墓、納骨についての希望、仏壇や供養についての希望、人によっては自分が居なくなった後のペットに対する対策などを記す人もいるようです。

そして遺言の有無や財産の記録、自分に万が一のことがあった時に連絡してほしい人のリストなどを思いつくままに書き綴ってゆきます。そして残された家族に対して面と向かってはなかなか言えないこともしっかりと書き残しておくと良いです。

福祉葬(火葬式) 直葬(火葬式)0円プラン 総額0円 直葬 直葬9万円プラン 総額9万円(税込9.45万円) 家族葬 まごころ19プラン 総額19万円(税込19.95万円) 家族葬 まごころ29プラン 総額29万円(税込30.45万円) 家族葬 まごころ39プラン 総額39万円(税込40.95万円) 家族葬 まごころ49プラン 総額49万円(税込51.45万円) 家族葬 やすらぎ69プラン 総額69万円(税込72.45万円) 家族葬 やすらぎ79プラン 総額79万円(税込82.95万円) 家族葬 やすらぎ99プラン 総額99万円(税込103.95万円) 家族葬 花祭壇129プラン 総額129万円(税込139.32万円) 家族葬 花祭壇159プラン 総額159万円(税込171.72万円)
大阪・大阪市・堺市近郊の葬儀・家族葬・直葬の用命はシンキ倶楽部 株式会社セレモニー真希社 資料請求の依頼・ご葬儀のお申込み・事前相談など24時間365日 いつでも無料でお受けいたします フリーダイヤル:0120-087-869