ページトップ

亡くなった時に遺族が最初にすることは?

  1. 葬儀の時の、親族用・参列者用のマナーと知識
  2. 亡くなって最初にすることは

亡くなって最初にすることは

亡くなってから葬儀までの流れを仏式の場合で見て行きましょう。

まず、無くなって最初にすること、当日にすることは、まず、医師より死亡診断書を受け取ります。これは病院で亡くなった場合には慌てている中でも医師や看護婦が渡してくれる場合が殆どですから心配いりませんが、もし自宅などで、病院以外で亡くなった場合には医師が必ず確認して死亡診断書を書いてもらうように段取りを取らなければいけません。そうでないと、火葬許可もおりません。

不幸にも、交通事故などで自宅以外で亡くなられた時などは、警察の管轄による監察医のもとで、検死にまわされる可能性がありますので、病院などで亡くなった場合よりも少し、あるいは多大な時間がかかることでしょう。

この死亡診断書は後々色々な事に必要ですから、コピーをとっておくとよいです。これが終わったら、または同時進行で、亡くなられた方の家族、親戚縁者、友人、会社関係等への連絡をします。次に葬儀社を決めて、遺体の搬送と安置を自宅にしなくてはなりません。

その後、葬儀社と日取りを話し合い、できるだけ告別式などの詳細を決めます。病院などで亡くなられた場合は、これ位で当日は過ぎてしまう事でしょう。

福祉葬(火葬式) 直葬(火葬式)0円プラン 総額0円 直葬 直葬9万円プラン 総額9万円(税込9.45万円) 直葬 直葬12万円プラン 総額12万円(税込12.96万円) 家族葬 まごころ19プラン 総額19万円(税込19.95万円) 家族葬 まごころ29プラン 総額29万円(税込30.45万円) 家族葬 まごころ39プラン 総額39万円(税込40.95万円) 家族葬 まごころ49プラン 総額49万円(税込51.45万円) 家族葬 やすらぎ69プラン 総額69万円(税込72.45万円) 家族葬 やすらぎ79プラン 総額79万円(税込82.95万円) 家族葬 やすらぎ99プラン 総額99万円(税込103.95万円) 家族葬 花祭壇129プラン 総額129万円(税込139.32万円) 家族葬 花祭壇159プラン 総額159万円(税込171.72万円)
大阪・大阪市・堺市近郊の葬儀・家族葬・直葬の用命はシンキ倶楽部 株式会社セレモニー真希社 資料請求の依頼・ご葬儀のお申込み・事前相談など24時間365日 いつでも無料でお受けいたします フリーダイヤル:0120-087-869