ページトップ

訃報を受けたとき、冷静に対応する事が大切です。

  1. 葬儀の時の、親族用・参列者用のマナーと知識
  2. 訃報を受けたときの対応

訃報を受けたときの対応

親族や近親者、友人・知人が亡くなったと聞けば非常に動揺してしまうものです。親交が深ければ深いほど、亡くなった現実が受け入れられず、動揺してしまい精神的ショックを受けてしまうものです。しかし悲しみで涙に暮れてばかりいられません。

通夜・告別式と非常に速いスピードで葬儀などが執り行われ、今生では二度と故人とは会えなくなってしまうのです。そのため訃報を聞いたら即座に駆けつけ、最後の対面を果たし、きちんとお別れを告げ冥福を祈りたいと思うものです。しかし訃報を聞いたときの対応として大きく三つに分類され、それぞれのケースにあった対応を心がけなければいけません。

一つ目は近親者が亡くなった時の対応です。身内が亡くなる場合には、一般的に危篤の知らせがまず入ります。危篤の知らせを受けたら、きちんと住所、病院の名前、病室番号、最寄駅などを確認して、迅速に駆けつけたいものです。危篤とは緊急連絡なのでいちいち服装を気にかけている暇はありませ。そのため平服で構いません。しかし遠方から駆けつける場合は、喪服を念のため用意して持って行くことが必要でしょう。

二つ目は友人や知人が亡くなったという知らせを受けた時の対応です。この場合は近親者とちがうので、すぐに駆けつけることは控えなければいけません。また連絡を受けたと同時に、通夜告別式の場所や時間をきちんと確認するようにします。分からないことは、遺族に電話をかけて聞くのではなく、友人に連絡をとり詳細を確認するようにします。遺族は葬儀の段取りで忙しく、いちいち電話で対応する暇はありません。そうした遺族の状況を考慮し、迷惑にならないように行動するのがマナーです。

三つ目は訃報を聞いたがやむを得ない理由で葬儀に参列できない場合の対応です。どうしてもやむを得ない理由で弔問できない場合は、葬儀に間に合うように弔電の手配を行います。また代理人を立てて、葬儀に参列するようにします。弔電や代理人をたてて葬儀に参列した場合は、必ず本人が後日喪家に弔問に訪れ、焼香をするようにしましょう。その際必ず香典を持参し、お悔やみを述べ長居しないように注意し、冥福を祈るようにしましょう。

福祉葬(火葬式) 直葬(火葬式)0円プラン 総額0円 直葬 直葬9万円プラン 総額9万円(税込9.45万円) 家族葬 まごころ19プラン 総額19万円(税込19.95万円) 家族葬 まごころ29プラン 総額29万円(税込30.45万円) 家族葬 まごころ39プラン 総額39万円(税込40.95万円) 家族葬 まごころ49プラン 総額49万円(税込51.45万円) 家族葬 やすらぎ69プラン 総額69万円(税込72.45万円) 家族葬 やすらぎ79プラン 総額79万円(税込82.95万円) 家族葬 やすらぎ99プラン 総額99万円(税込103.95万円)
大阪・大阪市・堺市近郊の葬儀・家族葬・直葬の用命はシンキ倶楽部 株式会社セレモニー真希社 資料請求の依頼・ご葬儀のお申込み・事前相談など24時間365日 いつでも無料でお受けいたします フリーダイヤル:0120-087-869