ページトップ

複数の葬儀社に問合せ、相見積もりをとる-亡くなられてすぐに決めなければならない葬儀社ですが、親族で手分けしてでも複数の葬儀社に相見積もりを取りましょう!

  1. 葬儀費用を安く抑える方法を簡単に紹介します。
  2. 複数の葬儀社に問合せ、相見積もりをとると格段に安い見積りになります。

複数の葬儀社に問合せ、相見積もりをとると格段に安い見積りになります。

葬儀費用については、まず利用者と葬儀社とでは捉え方に違いがあると認識する事が大切です。

利用者は葬儀に関する全費用を葬儀費用と認識していますが、葬儀社は、葬儀費用を「葬儀基本費用」と捉える傾向があり、認識の差異を悪用する葬儀社の場合は、わざと説明をしないまま、後になって3倍ものお金を請求するというようなケースがあります。たとえ、悪意がなくても葬儀社の人は、「葬儀費用」のみならず、「実費」「立替え」と言った、自分たちの論理から来る言葉を使いますが、肝心なのは結局自分の懐からどれだけのお金が出て行くかを見極める事です。

葬儀費用は、大別すると、葬儀基本費用、車両費用、火葬関係費用、斎場費用、返礼品費用、飲食費用、お布施の7つに分類されるので、それらを踏まえ、葬儀社が出す葬儀見積もりには何を含んでいるかを見定め、詳細について必要の有無をしっかり考え、抑えられる項目はきっちり費用を抑えることが大切です。

葬儀社に見積もりを取る時は、1社だけではなく、少なくとも3社からの相見積りを取り比較しましょう。各社に同条件でお願いし、提示された見積りは他社に見せないようにしましょう。 葬儀費用の相場は200万とされていますが、地域によっても違い一概に言い切れません。あくまで目安ですが、近親者だけの密葬・家族葬で自宅で行うなら40万〜50万円ともされています。

見積りでの葬儀費用総額を見ると、安かったけれどもその安さの原因が飲食費・返礼品で人数を少なく、しかも最低ラインの単価で見積られている事もあり、その逆もあるので、人数の変動が起こりやすい飲食、返礼品費用などでごまかされないよう注意しておくと良いでしょう。

福祉葬(火葬式) 直葬(火葬式)0円プラン 総額0円 直葬 直葬9万円プラン 総額9万円(税込9.45万円) 直葬 直葬12万円プラン 総額12万円(税込12.96万円) 家族葬 まごころ19プラン 総額19万円(税込19.95万円) 家族葬 まごころ29プラン 総額29万円(税込30.45万円) 家族葬 まごころ39プラン 総額39万円(税込40.95万円) 家族葬 まごころ49プラン 総額49万円(税込51.45万円) 家族葬 やすらぎ69プラン 総額69万円(税込72.45万円) 家族葬 やすらぎ79プラン 総額79万円(税込82.95万円) 家族葬 やすらぎ99プラン 総額99万円(税込103.95万円) 家族葬 花祭壇129プラン 総額129万円(税込139.32万円) 家族葬 花祭壇159プラン 総額159万円(税込171.72万円)
大阪・大阪市・堺市近郊の葬儀・家族葬・直葬の用命はシンキ倶楽部 株式会社セレモニー真希社 資料請求の依頼・ご葬儀のお申込み・事前相談など24時間365日 いつでも無料でお受けいたします フリーダイヤル:0120-087-869